100% ZERO WASTE AND PACKAGE FREE PACKING AND SHIPPING

キッチンを環境に優しくする10の方法

Posted by 速水ゆきえ on

環境に配慮したキッチンにするのは難しい事だと思っていませんか?環境に優しく配慮する事は健康にも良く家の中にポジティブなエネルギー放ちます。環境に優しくするのには地球の為だけでなく私たちにもたくさんの利点がありこれは日々の小さな生活から生まれます。

最近誰もが”going green /環境に優しく” や ”sustainability/持続可能性”の話を
耳にしてる事と思います。ですが環境に優しいとは実際にはどういう意味なの
でしょうか?どのように家を環境に優しくするのでしょうか?ではここでいくつかキッチンをスタイリッシュでかつ環境に優しくする方法をご紹介します。

キッチンを環境に優しくするための簡単なヒント

キッチンが家の中で最も使い捨ての台所用品や調理器具の廃棄物が多く
年間驚く程、廃棄される量があります。

2016年の年間プラスチック生産量の約半分には使い捨てプラスティック用品が含まれており合計で約3億3500万トンもあります。これらにはレジ袋、ストロー、プラスティックトレーなどが含まれており、15分ほど使用し廃棄物となりますが分解されるのには数千年かかると言われています。

キッチンの廃棄物を減らす事から始めましょう

 how to make your kitchen eco friendly

マイバック、マイボトル(タンブラー)、ストローフードコンテナなどを上手に活用しましょう。

これらの使い捨て製品を再利用可能な製品に置き換える事は環境に優しいだけでなく節約にもなります。

季節のものを食べる

近年、旬でない果物や野菜でも簡単に手に入れる事が出来ます。
ですが、地元で採れたものでないということは長時間の物流、
運送を経て市場に出回ります。また生ものでは新鮮を保つために使用される
保存料や防腐剤などは身体に害となり、また運搬に使用する多量の梱包品が排出され温室効果ガスが排出され自然の流れが乱れる要因になります。

ファーマーズマーケットで買い物する

旬の果物や野菜を摂取する事は身体に良い事だけでなく地元の産業をサポートするのに役立ちます。これは地球への害を防ぎまた節約にもつながります。地元産は輸入品と比較し本当に安いですね。

 

地元の食材を購入するその他の理由

  • コミュニティーの場が設けられる-地元のファーマーズマーケットで購入する事によって食料を育てた人とのコミュニティーが広がります。

  • 食材の輸送距離の短縮 – 先ほども触れましたが最も大きな影響を与える要因は食品の運搬と梱包です。地元の農家を利用する事でこれらは回避できます。
  • 中小企業のサポート – 大きなチェーン店より地元のお店での購入

肉を食べない日を作る

肉をは栄養面で身体の成長に不可欠なものと言われてきましたが現代の研究で動物の肉を食しなくても成長や栄養面で問題がないと言われており、肉を食しないベジタリアンの人ではむしろ食べない方が健康を保ってるとも言います。

1週間に一度、肉を食べない日を作る事にどれだけの意味がありなぜそれが地球との関りがあるのか不思議に思われるかと思います。

食肉業界とその環境への影響に詳しく知りたい方は是非こちらをご覧ください

https://www.meatfreemondayjapan.com/

https://ecotaroo.net/meat-free-monday/

自分のハーブを育てる

独自でハーブを育てる事で環境に優しく新鮮なだけでなくオーガニックな食品を味わう事が出来ます。こうする事で市場で購入するより安価で節約にもなります。

ハーブの育て方1

ハーブの育て方2

 

プラスティック製品よりガラス製品

ガラス製品はプラスティック製品に比べると若干高めですが、少なくともプラスティック製造に使用される有害な化学物質が含まれておらず、分解されるのに数千年かかるプラスティック廃棄物に値しません。

乳製品でないミルク作り

乳製品は様々な形で環境に異なった影響を与えます。乳牛とその肥料は気候変動の一因となる温室効果ガスを排出します。また牛乳の生産には広大な土地と水が必要になります。

ナッツミルクやナッツバターを簡単に作ることが出来ます。手作り品は市販のものよりはるかにおいしく、市販品では保存料、増粘剤、香料,過度の糖分が含まれますが手作りだとお好みに合わせて変える事が出来ます。

自家製のアーモンドミルクのレシピをご紹介します

アーモンドミルクレシピ

ここでは様々な自家製ミルクの作り方をご紹介します。


再利用可能なラップに切り替える

使い捨てのラップから蜜蝋ラップに切り替えましょう。手作りの蜜蝋ラップを作ってみるのも良いかも解りませんね。

蜜蝋ラップの作り方

再利用可能のシリコンラップや果物や野菜のシリコンフードカバーも廃棄物が出ないのでお勧めの方法です。

食品のスクラップを使用する

食品スクラップ(残飯・生ごみ)を有効に使用する方法があります。これらは食品廃棄物の削減に繋がります。

無駄な食べ物を減らす方法

  • たい肥 – 全ての有機性廃棄物(野菜や果物のスクラップ)を土壌に追加して植物の成長を促します。このように生ごみから庭や育ててる植物の肥やしとして無駄なく使えます。 click here.
  • 自家製スープの素 –茎・葉・皮など全ての野菜の スクラップからとびっきりのハンドメイドスープを作ります。 click here.
  • 種を保存する –廃棄物を減らす方法として種子の保存があります。野菜を育てるだけでなくあらゆる種子を発芽させミネラルやビタミンなど新芽から驚くべき利点を得る事が出来ます  , clicks here.

Eco-friendly kitchen sprout your own seeds

  • デトックスウォーター レモンの皮や残った果物などを入れて作るデトックスを作れます click here. 
    体内の老廃物排出によるダイエット効果や美肌効果などが期待できると言われてるデトックスウォーターで美しく

エコな食器洗浄ブラシ

プラスティック(ポリウレタン)製の食器用のスポンジと別れを告げて下さい。他にも持続可能な代替品がたくさんあります。econawaの植物から作られた地球に優しいエシカルなブラシセットです。

いかがでしたか?
特別な事をするのでなく少しずつ、たとえ一つの事でも意識を持つ事に意味があります。
私たちの生活の中でエコマインドを実現する方法は無限にあります。キッチンや家をより環境に優しいものにするための実用的なヒントがあれば、ぜひ情報を共有してください。 毎日の家庭のごみを減らす方法を考えることは、地球を救うだけでなく、皆さんの周りに良いエネルギーを生み出すことができます。 買い物、料理、消費の方法を少し変えるだけでも、環境への廃棄物の影響を減らすことができます。

eco friendly natural living zero waste

← Older Post Newer Post →

English