100% ZERO WASTE AND PACKAGE FREE PACKING AND SHIPPING

サンゴ礁が危険にさらされているのはなぜですか?

サンゴ礁が危険にさらされているのはなぜですか?

サンゴ礁は地球上で最も重要な生態系の1つです。サンゴ礁は、海洋面積全体の 0.2%を占めるのみですがすべての海洋生物の4分の1が珊瑚に関わって住んでいるといわれています。およそ4000もの魚種、その他の何百万もの未知の生物がサンゴ礁に依存し生存しています。
しかし、サンゴ礁はどのような役割を果たすのでしょうか?
サンゴ礁は必須の食料源として機能し、世界中の10億の人々に主要な栄養素とタンパク質を提供し侵食、高潮から海岸線を保護し、観光経済を強化します。
また、サンゴを直接食べない海洋生物でさえ、獲物を維持するためにサンゴに依存しているため、海洋の生態系を支える上で基本的な役割を果たしています。
 しかし、サンゴ礁はどのような役割を果たすのでしょうか?  サンゴ礁は必須の食料源として機能し、世界中の10億の人々に主要な栄養素とタンパク質を提供し、侵食、高潮から海岸線を保護し、観光経済を強化します。また、サンゴを直接食べない海洋生物でさえ、獲物を維持するためにサンゴに依存しているため、海洋の生態系を支える上で基本的な役割を果たしています。

  

しかし、現在、サンゴ礁は悲惨な危機に直面しています。最近の研究では、世界のサンゴ礁の50%がすでに破壊されており、今後30年間でさらに40%が失われる可能性があることが明らかになっています。

 では、なぜこのようなことが起きているのか、どうすれば止められるのか?

地球温暖化・温暖化がサンゴ礁に与える影響

 サンゴ礁の衰退の最大の原因の一つは、地球温暖化によるサンゴの白化です。サンゴの白化とは、熱ストレスによってサンゴが色鮮やかな藻類を放出し、真っ白になってしまうことです。白化現象が数週間以上続くと、サンゴは餓死してしまいます。白化現象が起こると、サンゴは事実上死んでしまい、周囲の海洋生物の生息地を提供することができなくなってしまいます。

調査の結果、熱にさらされることと白化の関連性が確認され、最も深刻な被害を受けたのは、熱にさらされた場所が最も被害が大きかった場所であることが明らかになりました。グレートバリアリーフを構成する 3,863 のミニリーフのうち、29%のサンゴが 3 分の 2 以上を失っていることがわかりました。海水温が上昇すれば、サンゴの白化はますます一般的になると思われ、科学者たちは、気温がさらに2度上昇した場合、多くのサンゴが生き残れなくなると警告しています。

地球温暖化による海面上昇は、サンゴ礁が浅瀬に依存して生き延びるために、深刻な影響を及ぼす可能性があります。サンゴ礁は、長年にわたり、自然の海面上昇に対応するために、何層にもわたって上に向かってサンゴを積み上げてきましたが、近年、サンゴ礁が失われていくことが懸念されています。しかし、近年のサンゴ礁の減少は、予測されている海面上昇に追いつくためにサンゴ礁が急速に成長できなくなることを意味していると研究者たちは危惧しています。
これは、サンゴ礁が波のエネルギーを減少させ、水の循環を調節する能力に影響を与え、サンゴ礁が波の破壊を受けやすくなる可能性があります。
大西洋とインド洋の研究チームが行った最近の研究では、200 のサンゴ礁の成長率を測定し、気温が 2.6℃上昇した場合の成長率を比較しました。その結果、インド洋と大西洋で調査したサンゴ礁のうち、予測される海面上昇を補うことができるのは3~6%に過ぎず、残りのサンゴ礁では水深が0.5m以上も上昇し、波がサンゴ礁域に与える破壊的な影響が悪化することが明らかになりました。

 "気候変動がもたらす二つの危険、つまり海の温度上昇と酸性度の上昇は、現在のペースで上昇し続ければ、数十年以内にサンゴ礁は消滅し、世界的な大惨事となるでしょう。

- デヴィッド・アッテンボロー博士(自然史家、イギリスの放送作家)

日本とサンゴ礁

環境省の調査によると、沖縄最大のサンゴ礁であるセキセイラグーンは、現在、1.4%しか健康な状態ではないと言われています。350 種類以上のサンゴが生息し、沖縄の人気ダイビングスポットとなっています。しかし、2016 年にはサンゴの白化現象で約 9 割が被害を受け、そのうち 7 割が全滅しています。

 面積67.89平方キロメートルのセキセイラグーンでは、水温の上昇やサンゴを食べるヒトデの猛威により、1980年代以降、サンゴ全体の量が80%近く減少しています。かつては鮮やかな色彩と豊かな水生生物にあふれていたサンゴ礁も、今では青白い色に変貌しています。

  しかし、近年の水質汚染や海水温の上昇により、サンゴの白化が深刻化していると考えられています。気象庁によると、過去100年間で日本近海の海面水温は平均1.07℃上昇しており、これは世界平均の2倍以上です。

プラスチック廃棄物の増加など、世界の海に影響を与えている環境問題の多くがそうであるように、サンゴの白化は国際的な問題である。サンゴ礁は驚異的な量の生物多様性を有しており、海に生息する魚類の4分の1が生息していると言われています。推定10億人の人々が、食料や漁業による収入をサンゴ礁に依存していると言われています。

あなたはどのように支援することができますか?

私たちのプラスチック汚染ガイドのように、私たちの行動がもたらす結果に気づくことができれば、私たちの習慣をより良いものに変え、海への影響を減らすチャンスがあります。

 ここでは、違いを生み出すためにあなたができる3つのことをご紹介します。

 •現状をソーシャルメディアで拡散 – , twitter, Instagram , Facebookなどでより多くの方に現状をシェアする

•日やけ止めにご注意を- 日焼け止めの成分をチェックして、海洋生物に害を及ぼす化学物質が含まれていないことを確認してください。ダイビングする場合は、珊瑚には触れずに珊瑚を守りましょう

寄付とボランティア–サンゴ礁の保護に尽力している慈善団体を上記にリストしました。 また、地元のビーチやサンゴ礁の清掃を手伝うこともできます。海岸の近くに住んでいない場合は、自分の流域をどのように保護しているかを確認してください。

参考文献

Delbeek, J. Aquarium Sciences and Conservation(2001) Earthjustice. Coral Reefs and the Unintended Impact of Tourism.   Ezzat, L. Coral reef growth affected by sea level rise – Coral Guardian. Coral Guardian. (2018) Globalissues.org.  Coral Reefs — Global Issues. (2013) Icriforum.org. Status of and Threat to Coral Reefs | International Coral Reef Initiative. Interamerican Association for Environmental Defense (AIDA). Coral Reefs and the Unintended Impacts of Tourism. (2016) Nationalgeographic.com. Can new science save dying coral reefs?. (2018) Nature.com. What risks do Tourists Pose to Coral Reefs? Are We Loving the Reefs to Death? | Saltwater Science | Learn Science at Scitable. (2013) The World Counts. Percent of coral reefs left – globally, right now. UN Environment. Building the world’s first land-based coral farm. (2019)

 ご購読頂きありがとうございました。ニュースレターに様々な環境情報を
ご案内しておりますのでご興味のある方はご登録下さいませ。

会員登録・メルマガ

お得なセール情報や新作アイテムの入荷情報などショップの最新情報をいち早くお届けするメールサービスです。

English